Loading

BLOG

セミオーダーのバナナショルダーLサイズ〔ナッパ/ナポリ〕

バナナショルダーのLサイズをナッパのナポリで制作したセミオーダーのご紹介です。

バナナショルダーとは

カーブを描くシルエットは、肩にかけた時、体のラインに馴染む、バナナショルダー

40㎜のショルダーベルトは肩に馴染み、真鍮バックルで長さの調節が可能です。

短めにボディーバッグタイプにも肩掛けでもお使いいただけます。

バナナショルダーバッグ M・Lサイズ

Lサイズ

シンプルで飽きのこないデザインでLサイズはセンターで2枚パーツでRをつけている。

膨らむようにデザインしているからだ。

Mサイズはお散歩といった感じですが、Lサイズは二泊三日の旅行や仕事でも衣類が多いなど容量が大きい場合、自転車やバイクなど両手を空けたい方向けです。

裁断

色むらやキズなどを考慮しながら型紙を当てて取り都合を考えます。

型紙に合わせ、一枚一枚裁断して行きます。

素材はナッパ

ナッパとは秘伝のオイルをメインとして使用したイタリアバケッタ製法で作られた、ナッパは薄化粧仕上げのため傷やトラは隠れにくい反面、素材の味を活かす唯一無二の個性のある表情があります。

使えば使うほど色艶は増し、育ち経年変化がお楽しみいただけます。

ミネルバボックスが厚み約1.8㎜~1.9㎜で、このナッパは約1.4~1.5㎜と0.3㎜前後薄い。

シボはミネルバボックスに比べ少し細かく、軽いのが特徴。

タンナー:バダラッシー・カルロ社(イタリア:トスカーナ)

経年変化はミネルバボックスとほぼ同じです。

芯材

ナッパは若干薄いので、大きいバッグにはショルダーベルトには、芯材(バイリン0.4ミリ)をサンドします。

長年使用していただくのに伸びないように。

裏地の裁断

裏地は綿100バーバリーツイルを使用しています、色はボルドー。

裏地は2枚重ねて裁断。

材料セット

革素材の他、裏地、ファスナー、芯材、金具など色々なパーツをセット。

これから、コバ漉き。

さらに、8番糸による縫製から裏地縫製、まとめ縫製と続きます。

最後の0番糸縫製

最後はショルダーベルトの丸カンとのジョイントの根革の縫製。

約3ミリの厚みのブッテーロを現厚(2.6㎜〜3.2㎜)のまま6ミリ線の丸カンに通し、本体とジョインします。

かなり厚いので、菱目打ちで下穴を開けます。

Made in Germanyのアドラーというマシンで一目一目手回しで縫製して行きます。

 

長期使用に耐えられるよう、革の厚みを維持したいので極糸ステッチ0番糸で縫製しています。

糸を焼いて、革(ブッテーロ)引手をつけたら完成です。

引手のブッテーロも極力厚さをキープし、肉盛りを入れています。

 

バナナショルダーLサイズ 完成

♢素材
本体:ナッパ(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革)色:ナポリ
根革・引き手:ブッテーロ(イタリア老舗タンナー、ワルピエ社によるトスカーナ植物タンニンなめし牛革)色:イエロー
内装:コットン
金具:真鍮(日本製)
ファスナー:YKKエクセラ(日本製)

バナナショルダー Lサイズ
430mm×270mm×100mm(ファスナー540mm)
ショルダー立上り:420mm(100mm程度調整可能)ショルダーベルト幅:40mm
重量:1000gちょっと

 

バナナショルダーは現在MサイズとLサイズの2サイズ

カーブを描くシルエットは、肩にかけた時、体のラインに馴染む、バナナショルダー

40㎜のショルダーベルトは肩に馴染み、真鍮バックルで長さの調節が可能です。

短めにボディーバッグタイプにも肩掛けでもお使いいただけます。

 

イタリア・ミラノ出張レポート/ちょこっと観光編

トートバッグ ammassare(アンマサーレ)due・エトルスコ/クロ&ブッテーロ/クロ

関連記事

  1. 革職人展2021秋【丸善日本橋店】一週間お世話になりました。

    2021.09.15
  2. ウサ19ねんおつかれさまでした。

    2020.02.19
  3. カスタムメイドの経年変化 ブリーフ鞄《ミネルバボックス/カスターニョ》

    2016.05.14
  4. クリスマス仕様のラッピング

    2019.12.18
  5. フルオーダーのトートバッグ2015年製作から8年の経年変化

    2023.04.04
  6. ミネルバボックス/タバコ&マレンマ/チョコのブリーフ鞄〔カラーオーダー〕

    2018.05.08

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP