Loading

Message

HIS-FACTORYだからこそ
出来ること

世の中は変わりつつあると思います。パワーの時代から個性の時代へ。いえ、すでに変わっているはずです。

小さな工房は多くのモノは作れませんが、ご希望に応えられるよう細かい気配りと当たり前の手間をかけ、必要な人のために必要な分だけ製作しています。

HIS-FACTORYは工房でつくり工房からお届けしています。

そして愛用していただいた製品はメンテナンスや修理もいつでも修理いたします。そうして末永く愛着を持っていただけたら幸いです。

 

作り手の見えるものづくり

鞄作りに関わって来られて約30年、大量生産をし大量に売れるモノ、知名度の高いブランドモノがいいモノだと思っていた時代もありました。

製造メーカーとして製造卸の大半の背景は、安価に供給するため、それ以上の素材は使えず、出来るだけ早く作り納品するというサイクルでした。

競争の世界になってさらに安価を求められ、作りは範囲内での技法、材料は素材の中身も分からず劣化、使い捨てられたりしました。

何の意味があるのだろう、やるせない気持ちになりました。しかし、この気持ちが原点となったのです。

長く使えるものを作るには自分で企画、材料調達、監修、製作、全部目の届くところでやるしかないと思い自社ブランドHIS-FACTORYを2006年に立ち上げました。

“革も人も一緒に育ち、味が出てくる”

“くたびれて来たら補修してあげる”

“また味がでて愛着も沸いてまた使ってくれる”

“使い手も、革も、作り手も嬉しい”

鞄作りに携わって約30年の経験を活かし、生産現場だから出来る長期使用にも耐えられるような製作を心がけています。

HIS-FACTORYの革製品を手にとって頂けた方に。そして今後、新たに手にとって頂く方にも一時の感覚ではなく、人生を通して満足頂ける様な製品を、これからも作り続けていきます。

– HIS-FACTORY 中野克彦 –

 

message_profile

中野克彦

墨田区吾妻橋に手作り鞄工房ショップを構えるHIS-FACTORYの代表

1986年 鞄の製造メーカーに3年勤務。
1989年 製造メーカーとして独立(他社製品ブランド制作)
2006年 自社ブランド”HIS-FACTORY”を立ち上げ。
2007年 墨田区の工房ショップとして認定(すみだ3M運動)
2011年 第一回すみだ川ものコト市出店
2012年 浅草A-ROUND出店
2016年 エムピウ+HIS-FACTORY コラボ”ガリアルド ”発表
2018年 FM TOKYO、TBS はやドキ!出演
2019年 2F工房ショップリニューアル
2019年 藤巻百貨店 雑貨部門大賞受賞

革職人店(丸善日本橋店)、オクリモノマーケット(神保町いちのいち)などの催事出店。ワークショップは工房を始め、すみだ川ものコト市、浅草A-ROUND、スミファ、モノマチ、ニクオンなど、ものづくりイベントにも積極的に参加。

手仕事の想い、魂を感じていただければ幸いです。

PAGE TOP