Loading

Aging

イタリア植物タンニン鞣し協会が認める革素材、プエブロ・ミネルバボックス・ブッテーロ。

これらは古典的な植物タンニン技法により、時間とコストが掛かることを承知の上で、高品質の革作りのために必要なレシピを使用するという、明確なコンセプトを基に伝統を守りながら作られています。

均一性の価値観よりも、まず丈夫で使い込めば使うほど馴染んでいく”個性的な経年変化”に価値をおいて作られています。 イタリア植物タンニンなめしによって制作された革製品は、鞣し工程からオイルをたっぷり染み込ませていますので、メンテナンスは乾拭きのみで問題ありません。※ただし長期使用しなかった後には多少のメンテナンスは必要です 。

トスカーナ産・植物タンニン鞣し革協会が保証する製品に付けられるタグ。

〔プエブロ〕
牛脂をメインとした秘伝のオイルを使用しイタリアバケッタ製法で作られたプエブロは、吟面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。プエブロインディアンの集落を表していると云われています。二つとない独特な表情があり、通常の吟擦りでは味わえない、色艶があがり個性的な経年変化がお楽しみいただけます。タンナー:バタラッシ社

〔ミネルバボックス〕
牛脂をメインとした秘伝のオイルを使用しイタリアバケッタ製法で作られたミネルバボックスは、薄化粧仕上げのため傷やトラは隠れにくい反面、素材の味を活かす唯一無二の個性のある表情があります。ボックスはイタリア語でボコボコ凸凹を意味で一枚一枚シボ(凸凹)の表情が異なり個性のある素材です。使い込むと色艶があがり個性的な経年変化がお楽しみいただけます。タンナー:バタラッシ社

〔ブッテーロ〕
植物タンニンなめし革の中でも、堅牢な作りで厚みも2.8㎜~3㎜と厚く、長期使用に耐えられるのがブッテーロです。美しい発色としっとりきめ細かく吸い付くような手触りで使い込んでいくうちに、艶が増していきます。色濃く変化していく表情はイタリアならではのもの。ナチュラル感あふれる色合いは秀逸です。コンビネーションで持ち手や根革などに多く使用します。 タンナー:ワルピエ社

 

以下では、お客様が実際お使いになり(約3年~8年)育った、これらの革製品の様子をご紹介します。

Bag

Wallet・Goods

sg_gallery_002
sg_gallery_004
sg_gallery_008
sg_gallery_012
sg_gallery_013
sg_gallery_018
sg_gallery_019
sg_gallery_021
sg_gallery_022
sg_gallery_028

sg_gallery_002
sg_gallery_004
sg_gallery_008
sg_gallery_012
sg_gallery_013
sg_gallery_018
sg_gallery_019
sg_gallery_021
sg_gallery_022
sg_gallery_028

PAGE TOP