TOKYO FM 80.0Mz 明日への狼煙をあげるラジオの中の会社スカイロケットカンパニー 


トウキョウエフエム80.0Mz渋谷スペイン坂から半蔵門

中学生~高校生の頃、FMレコパルという雑誌を愛読しTOKYO FMの流れてくる音楽はジョン・レノン、カーペンターズ、イーグルス、ジェームス・ブラウン、EW&F、クール&ザ・ギャング、ビリージョエル、ダニーハサウェイ、キャロルキングなどなど数えきれない”洋楽”のポップスからウエストコースト、ソウル、が流れてくるのが楽しみで夢中になっていました。”邦楽”では当時ニューミュージックと云われていた、山下達郎、松任谷由実、竹内まりあ さんの番組も密かに聞いていました。10代、20代の頃の心の友でした。ミュージックライフ、スクリーンの雑誌もよく愛読してました。東京エフエムの門をくぐり、まさかお話をさせてもらえるなんて、夢のようでした。実はjwave聴いてた時期も長かったですが、これから中高に戻ってFM東京を愛します。

 

photo

IMG_5005
番組は「スカイロケットカンパニー」通称”スカロケ”明日への狼煙をあげるラジオの中の会社。働く社会人にいろいろ起きる出来事へ潤いを与える素敵な番組。
IMG_5035
前々日、しばらく逢ってない知人数人から「スカロケ出るんですか?!」とメールが来ました。何気にサイトを覗いてみたら、来社予定に載ってる・・・

 

IMG_5037
前日にはTwitterにもアップされ紹介されてる、ちょっとドキドキしてきました(汗

 

IMG_5056
当日の約2時間前、TOKYO FM さんも。。。

 

IMG_5057
やってまいりました、半蔵門の東京FⅯ。8階だったかな、目の前は皇居のお堀が。陽が沈むころで景色がとても綺麗でした。

エレベーターを降りると広場にたくさんの人がPCで作業していたり、うち合わせしていたり、とても活気がありました。スタジオの控室に通されてデスクに座ると台本が用意されていました。「!!!!」事前に用意していたマイ台本とだいぶ違う。たらたらと汗が出る思いと同時にのどが乾いてきて、脈も早くなってきた。わさわさといろいろな人に気がいってしまい落ち着かない。気が付くと日が暮れているんだけど夜景を見る余裕がない。あと15分ですと云われ脳天から蒸気機関車のように煙が噴出している。スタジオから前の人が出てきた、いよいよだ。老眼に瞳孔が開き放心状態でスタジオに通されました。

緊張のレベルがマックスになりスタートしました。マンボウやしろさんは、すぐに察してくれて会話をほぐしてくれました。浜崎美保さんのナレーションで紹介してくれた時は、乾いた大地に大雨が降り注ぐような想いでした。曲を挟んだ時に記念写真を撮ってくれました。このキーホルダーはお二人に手縫いで仕上げました。とても喜んでくれました。やっとスイッチが入ったと思ったら、終わりの時間が刻々と近づいてまいりました。※曲は後でタイムフリーで聞いたら星野源の「変わらないまま」という曲でした。いい曲です、何度もリピートしてしまいます。

あっという間の20分。今だから言えますが、東東京エリアが、日本が、製造業、ものづくりの時代がやっと来た、蔵前モノマチ、墨田すみだ川ものコト市、浅草A-ROUND、東京ろまんちなど云いたい事あったんだけど、言いそびれてしまいました。しかし、とても楽しい時間でした。今想うと東京FMのスタジオで話が出来たなんて、夢のようでした。マンボウやしろさん、浜崎美保さん、ほんとうに優しくしてくれてとても嬉しかった、ありがとうございました。スタッフのみなさまもお気遣いをありがとうございました。

事前に取材をしていただいた時の様子。浜崎さんはとても熱心にお話を聞いてくれて、理解をしてくれました。
monoTOKYOというサイトでも、東東京のブランドが紹介されています。ぜひご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)