Loading

BLOG

GAGLIARDO(ガリアルド)プエブロ/オルテンシア&BUTTERO/BLUE

蔵前のm+(エムピウ)村上雄一郎氏による2本手の真鍮バーで口を閉じるクラシックで機能的なデザイン、プエブロの外装、堅牢なBUTTEROで持ち手&ショルダーベルト、頑丈で重厚な雰囲気を醸し出すGAGLIARDOプエブロのオルテンシア。通常ペトローリオが使われるのですが、エムピウさんとのコラボで、あえて特注のオルテンシアを使用しています。

カブセのベロ(ブッテーロのブルー)は中に、革床を入れ、肉盛りしています。カンナで面をとった後。

コバ磨き後

身頃のコバ磨き

本体のまとめ、0番糸を使用し、アドラーで縫製です。

このタイプは ネイビー、タバコ、クロと揃えています。牛脂を使用したイタリアバケッタ製法で作られた、プエブロはギン面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。二つと無い独特な表情があり、通常のギン擦りでは味わえない、経変変化がお楽しみいただけます。プエブロ、BUTTEOROとも長期使用できるよう牛脂がたっぷりと入っています。

一回り小さい GAGLIARDO MEDIO もあります。

♢素材
本体:プエブロ(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革)
ハンドル、ショルダーベルト:ブッテーロ(イタリア老舗タンナー、ワルピエ社によるトスカーナ植物タンニンなめし牛革)
内装:コットン
金具:真鍮
ファスナー:YKKエクセラ

サイズ(W×H×D
W390×D110×H330mm
ショルダー最小1080mm、最大1200mm

♢カラー
タバコ、オルテンシア、クロ、ネイビー

ヒズファクトリー オンラインショップ

藤巻百貨店

5/26(土)27(日)は蔵前エムピウさんにてワークショップ開催お陰様で満席御礼

ミニボストンのワークショップ後半編 プエブロ/オルテンシア

関連記事

  1. ミニボストンのワークショップ前半編 プエブロ/オルテンシア

    2018.05.21
  2. 裏地総取り換えの修理 A-4トート プエブロ/ナポリの経年変化

    2017.09.25
  3. LINE@のIDが変わりました。

    2018.10.05
  4. 隅田川の桜

    2018.03.28
  5. 目黒のシェア工房Makers`Baseにてワークショップ開催7/8(土)9(日)…

    2017.06.23
  6. フルオーダートートバッグ4号帆布&イタリア厚口ヌメ革

    2018.02.07

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP