Loading

BLOG

プエブロ/ナポリとナッパ/ナポリの経年変化

新年早々、プエブロのナポリの二つ折り財布(内側小銭入れ付き)coprireをお求めいただいたお客様はオーダーメイドでもカブセ付きショルダーバッグキーケース&財布quattroもナポリで揃えていただいていました。

その人の使い方によって色艶が上がり、美しく経年変化し、よく育っていました。

Nさんありがとうございました。

HIS-FACTORYで使用の定番レザー・プエブロとは?

プエブロ/ナポリの1年半の経年変化

手前が新品のプエブロ/ナポリ、ショルダーバッグもキーケースも美しく経年変化。

背胴はボディーと擦れるのでさらに艶が上がる。

2020年6月に仕上がった時に撮影したプエブロ/ナポリのオーダーメイドのショルダーバッグ

オーダーメイドで製作した時の詳細はこちら↓

セミオーダーのショルダーバッグ・プエブロ/ナポリ&Buttero/yellow

ナッパの経年変化

また、ナッパのナポリをお持ちのお客様も遊びに来てくれました。

こちらもまた、渋く育っていました。

Kさんありがとうございました。

ナッパとは

牛脂を使用したイタリアの伝統製法であるバケッタ製法で作られたイタリア植物タンニン鞣し革・ナッパ。

薄化粧仕上げのため傷やトラは隠れにくい反面、素材の味を活かす唯一無二の個性のある表情があります。使えば使うほど艶が増し、飴色に育ち経年変化がお楽しみいただけます。

ミネルバボックス の薄いタイプで、ミネルバボックスが約1.8㎜~1.9㎜、ナッパは約1.3~1.5㎜と0.3㎜前後薄いので少し軽く、シボは細かいのが特徴です。

〔タンナー〕 イタリア・バダラッシー・カルロ社

エッグキーケース UOVE

これだけの鍵が入ります。

イタリアの伝統を守り抜く名門タンナー

プエブロもナッパもイタリア植物タンニン鞣し革で共にバタラッシー・カルロ社の製品。

古来から続く”バケッタ製法”を作り続ける伝統あるタンナーさんの革はでオイルを多く含ませ、コストや時間がかかるのを承知の上で作られていますので、乾燥しずらく、ご覧のように使えば使うほど色艶が上がり経年変化がお楽しみいただけます。

 

迎春2022年あけましておめでとうございます。

関連記事

  1. Makers`Base(メイカーズベース)千葉

    2018.03.06
  2. フルオーダーのショルダーバッグ・プエブロ/ペトローリオ

    2018.11.22
  3. 手縫いのワークショップ[縦型サコッシュSサイズ編]

    2021.08.16
  4. 5月後半のワークショップ総集編

    2019.06.06
  5. 浅草A-ROUNDボランティアさん向けのワークショップ

    2017.05.30
  6. セミオーダーのショルダーバッグ(ポストマン・バッグ)ミネルバボックス・オルテンシ…

    2020.06.10

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP