Loading

BLOG

バナナショルダーの裏地交換とペトローリオの経年変化

約5年ほど前のセミオーダーでお作りしたバナナショルダーのラージタイプ。

裏地が擦れてきたので、前取り替えさせていただきました。

毎日お使いいただけて、嬉しい限りです。

まずは糸を解いて

まずは糸を解いて、平らの状態に。

プエブロのペトローリオ、色の経年変化が働いた証拠。そして乾燥していないです。

裏地はさすがに処分。ファスナーの窓枠はそのまま使用。

ユーザーさんの働きのお供として毎日よく頑張ってくれました!

平らな状態のうちに、ラナパーでオイルを含ませてあげました。生き返ったようにしっとりしてきました。

0番糸で縫製

ブッテーロの革も新しくしました。

下穴を菱目うちであけてから、ひと針ずつ手回しで送っていきます。

完成

総取替の裏地(ボルドー)

今回、ペン差し入れをつけて欲しいとのリクエストにお応えしました。

ペンが刺さっても裏地が破けないよう下革をつけるのはHIS-FACTORY流です。

これからもユーザーさんのお供して頑張っていただきたい。

経年変化

プエブロのペトリーリオの経年変化。

ブルーグリーン、ターコイズブルーのような色から深い色合い、艶が増しています。

使えば使うほど味が出るというのは、こういうことです。

根革も新しい革にしてまだまだ5年、6年いえ、もっと使っていただければ幸いです。

こうして、修理して末長く生活のお供にしていただけること、作り手冥利につきます。

K様ありがとうございます。

これは当時作ったばかりのプエブロ/ペトローリオです。

これは当時作ったばかりのプエブロ/ペトローリオです。

〔素材〕
本体/プエブロ(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革):ペトローリオ

裏地/コットン:ボルドー

プエブロとは

牛脂を使用したイタリアバケッタ製法で作られた、プエブロは吟面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。二つとない独特な表情があり、通常の吟擦りでは味わえない、経年変化がお楽しみいただけます。自分だけの色へと育っていきます。

タンナー:イタリア・トスカーナ/バダラッシー・カルロ社

プエブロ の経年変化はこちら

フルオーダーのドラムスティックケース〔プエブロ/ナポリ〕

合切袋ottoneネイビー登場

関連記事

  1. 手縫いで作るトートバッグ〔Sサイズ〕プエブロ/クロ

    2020.08.09
  2. 第8回スミファ無事終了。ご来場の皆様、実行委員会の皆様ありがとうございました。

    2019.11.26
  3. 名刺入れのワークショップはこのタイプになります。

    2018.11.15
  4. つば九郎と平成最後の夏

    2018.08.26
  5. 千葉県南房総の魅力〔鋸南編〕

    2019.01.25
  6. ユーフラテ/カスターニョ&マレンマ/チョコ〔アンマサーレ横型Lサイズ編〕 

    2019.02.22

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP