Loading

BLOG

他社製品の修理・ミネルバボックス/タバコの持ち手交換

1Fが工房なので、よく「鞄の修理はおねがいできますか?」と聞かれることがあります。

なんで、買ったところで直してもらわないのだろうかと、疑問に思う。

数年前に買ったところのお店がない、友達にもらったのでどこに行けばいいか分からない、めんどくさい、など。

一番多いのはお店はあるけどその商品は今は取り扱っていないから断られる。

修理に困っている方が多いのは事実のようだ。

できる限り対応してあげたいと思っているのですが、以前信じられないことがありました。

いろいろな人がいるのはわかるけど。
ある日、いい年したおっさんとおばさんが、「コレ、ちょっと縫ってくれないかな、一度も使っていないんだよ、」と
もちろん他社の製品を持ってきた。持ち手の合わせステッチが外れている。2、3週間が経ち、まだできないのかと催促してきた。あと2、3日で終わらせます。「ずいぶん時間かかるんだね、ちょこっとなのに、そんなに待たせたんだから、いいよね(多分お代のコトだろう)・・・」

なっなんだコイツーーー

修理が本職じゃない、オーダーメイドのお客様を優先しているので、合間をみてはやってみます。

一か月以上、もしくはもっとかかる場合もあります、それでも良ければと 伝えている。

間にちょくちょくはさんだら、もっと前からのオーダーのお客様に悪いし・・・

お金じゃなくて、訪ねてきたのもご縁、困ってそうだから、よかれと思ったのに。

超気分悪かった・・・・

いい年のおっさんが、せこいコト云ってて、もう怒りを超えて、脱力、脱尿してしまいそうになってしまいました。

こんなコトで「ふざけんなコノヤローってやっちゃったら、”小さいなボクって”ってことになってしまうので、おっさんをウンチョスと思うことにした。

ハイハイ、お代は入りません、シッシ、二度と来るなよ。

 

こういう方もいらっしゃいました。
どこかのワゴンセールかなんかで、購入された塩加ビニールのリュックの持ち手が切れたと。
ばらして、全部取り換えなきゃできない、5千円位(それだって安いと思う)
は、かかりますよっていったら、3千円で買ったのにそんなにするのって云われてしまいました。

もう、どうでもいいです、こういう人とは何を話しても理解してくれないと思います。
糸を一つ一つ切って、ほどいて何時間かかると思ってるんだ。(あっわかんないんでしょうね)

それ依頼、ちゃんとヒアリングして、時間、思い入れ、修理工程、金額等、きちんと説明して気持ち良く納得してもらった方のみ対応させていただいております。

お金じゃないんです。
気持ちよく修理させていただきました。

今回は持ち手の交換の修理。

もうボロボロだ。

糸をほどく。裏地がべったり糊でついていてはがれにくい、革も薄くて丁寧にはがさないと切れる。

縫製をほどいてから、カシメを外す。長年の経験で細いマイナスドライバーなどで外していたけど、これがまた魔法のような工具。A-ROUNDの時に隣のブースで打ってたので購入したら超便利。一発で仕留める事ができる。他にもホックも対応している優れものだ。

ミネルバボックスで新しく作った持ち手をはめ込み、またミシンで縫製していく。そしてカシメを打って。

裏地と革をゴムノリを縫ってあわせていく。

まとめ縫い。ここは平台で縫う。

そして、グログランテープを巻きながら縫製。

完成。

本体はまだいけそうだし、色もよく似ているので、良かった。

ミネルバボックスのタバコで作った持ち手。ベタ漉きは表1.4㎜、裏1.2㎜、間に床1.5㎜を入れた。

縫製も補強もしっかりやってるので、まだまだ活躍できそうです。

ものづくりの仕事を目指している方向けのお手伝いをさせていただきます。

7月後半の手縫いで作る革小物のワークショップ

関連記事

  1. フルオーダーのワンショルダーバッグ/白エナメル

    2018.05.29
  2. 記念日にワークショップ

    2018.11.24
  3. エキュート東京駅 “粋イキスイ”イベント8/22〜9/4…

    2016.08.24
  4. monoTOKYO×恵比寿コンテナ展示販売期間限定1/11(木)~1/31(水)…

    2018.01.12
  5. LINE@はじめました

    2018.08.30
  6. 校外学習・女子中高生手縫いで作るパスケースのワークショップ

    2019.07.24

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP