Loading

BLOG

名残惜しい店頭サンプル

ずいぶん前に尊敬している先輩に云われました。「店頭に飾ってあるのに売れないってどういうことだっ」

「ハっハイ、ええっと経年変化するとこんな感じになる見本として観てほしいので・・・」

「でもこの状態がいいから欲しい時どうするんだ!」「エっ、でも・・・」

ついにこの子まで

5年前の初期型の合切袋のサンプル。まだ紐止めパーツはプラスチック。

素材はミネルバボックスのビアンコ。白ですね。

白というのは、染料が無いらしく、顔料を使っています。味気ない顔料は”汚れ”になっていきますが、

このミネルバボックスのビアンコは経年変化するとオフホワイトのような色になります。植物タンニン鞣しで作らているからだと思います。

ラナパーを使い、念入りにオイルを塗り込みました。息を吹き返してきたみたいです。とても美しい。

ビアンコ、かわいい。

店頭の片隅にいて、見慣れて閉まったサンプル。でも気に入ってくださった方がいてとても嬉しい限りです。

これは、オルテンシア(4年仕様)

これだけは、ほんとうにお譲りできません。僕のですから。

ご自身で育ててあげてください。↓現行モデルはこちら。

合切袋-ottone-

ついにこの子までも

約5年前のポストマンバッグと勝手に命名したクラシックスタイルを意識したショルダーバッグ。

このころ在庫が持てないので(今もあまり変わりはないが)オーダーで作らせていただくためのサンプルとして活躍していた。

カブセが浅いシルエット、ギボシで開け閉めでき、細いバックル、しかも革は厚く仕上げヘロヘロになりにくい。なっても取替できる。

当初は思入れもありましたが、だんだん端っこの方にずれていって、存在感も薄くなっていたところ、感性のいい方に見つけてもらえました。

いなくなると思うとなんか分かれ惜しくなって、念入りにラナパーを塗り込みました。

 

プエブロ/コニャック&ブッテーロ/ブルーのコンビネーション

油分がはいり、生き生きしてきました。アンティークの風格が出てきました。息を吹き返して旅立ていきました。

ほんとうに名残惜しくなってきてしまいました。。。。

しかし、先輩が10年位前に言ってくれたことが、最近多々あることにびっくりしています。

 

お手入れ方法

ミネルバボックス(プエブロ、ブッテーロ含む)は使えば使うほど油分が回り味が出てくるので、基本的には日常に使っていれば手入れは必要ないのです。

この2点は店頭に飾ってあったので、使用頻度はかぎりなく少ないです。

ですので、乾燥しずらいといっても触ってあげる状況がすくないので、多少の色抜けはします。エアコンに直に当たりっぱなしとか。

そこで油分を加えるのに、ラナパーとレザークリスタルというのを使っています。

JOJOBAWAXに高精製ウールグリース、ミネラルオイル、各種ナチュラルWAX、天然成分を配合。

※ただし、乾燥したクロム鞣しの革に塗り込んでも、はっきりいって効果ありません。

もちろんイタリアの革に限らず、オイルレザーは全般、油分を加えてあげて長持ちさせてあげることが出来ます。

こうして、永く愛用できるのが、植物タンニン鞣し革です。

その中でもイタリア、トスカーナ産のミネルバボックス(ナッパ)、プエブロ、ブッテーロ、あとユーフラテ、ナッパネビア、エトルスコ、も、植物タンニン鞣し革の最高峰と言えると僕は思います。

 

 

 

ミネルバボックス/パパベロの経年変化とラウンドファスナー修理

トートバッグ ammassare(アンマサーレ)プエブロ/ペトローリオ&ブッテーロ/ブルー

関連記事

  1. プエブロ/コニャックのフルーダーのカブセショルダー鞄 A-3 440×310×6…

    2018.02.27
  2. バナナショルダーⅬ 5年後の経年変化と修理

    2016.11.03
  3. ミネルバボックス/アンティコとプエブロ/ナポリの経年変化

    2018.06.30
  4. ミネルバボックス/パパベロ(アカ)の経年変化

    2017.07.27
  5. GAGLIARDO(ガリアルド)プエブロ/タバコ&コッチネーラ・BUTTERO/…

    2018.06.26
  6. GAGLIARDO(ガリアルドメッディオ)プエブロ/ナポリ&BUTTERO/Ye…

    2018.02.13

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP