Loading

BLOG

ナッパ/オルテンシアのクリ手トートバッグ

新型のクリ手トートバッグのオルテンシアのカラーオーダーの製作工程(裁断)~完成のようすです。

ナッパはミネルバボックスの薄いバージョンです。1.4㎜位なので、1.8㎜のミネルバボックスより軽いのが特徴。

ロットにもよりますが、シボはちょっと細かい。

1枚のうち、3分の2は使ってしまう。

取り都合の良いだけでなく、トラの方向や、場所を選んで型紙をあて、型紙に沿って革切包丁で裁断します。

裁ち落としは、3段階位に分かれる。一番左は処分。真ん中は革漉きのテスト用、花びらやネームタグ用に裁断。

一番右は、ワークショップの名刺入れやパスケースなどに使用する。

まとめ縫製は0番糸。マシンはアドラー、ドイツ製。

◇素材:ナッパ(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革) 色:オルテンシア

※オルテンシアはイタリア語であじさいという意味。

メインとした秘伝のオイルを使用したイタリアバケッタ製法で作られた、ナッパは薄化粧仕上げのため傷やトラは隠れにくい反面、素材の味を活かす唯一無二の個性のある表情があります。使えば使うほど艶が増し、飴色に育ち経年変化がお楽しみいただけます。

ミネルバボックスが約1.8㎜、このナポリのナッパは約1.2~1.4㎜ 薄く軽いのが特徴です。

薄いと言ってもイタリアバケッタ製法によりオイルがしっかり浸っています。

身頃とハンドルが一体型になっているので軽くて薄い素材でも適しているデザインだと思います。

♢サイズ:W380×H130×D280(持ち手立ち上がり200)

真鍮製の底鋲。

中仕切りのファスナーは36㎝、ポケットのファスナーは26㎝、反対側には携帯や手帳が入る平ポケット、鍵や定期をぶら下げる用のリングが付いている。

中仕切りは、下の部分、底と一緒に縫製していないので、仮に弁当箱が入っても仕切りは動き、すっぽり入る。

裏地はバーバリー織という綿100%です。裏地のカラーもセレクトできます。

このクリ手トートバッグは、カラーオーダー1本から製作させていただきます。

 

パスケースのワークショップ再開しました。

手縫いでつくるトートバッグSの教室初日

関連記事

  1. 4/22(日)浅草A-ROUNDでの手縫いのワークショップサンプル完成

    2018.04.11
  2. AND STORY&東京メトロさんにお世話になりました。旅するトーク

    2019.06.02
  3. すみだ3Ⅿ運動は江戸伝統工芸から近代技法まで地域のものづくりを継承しています。

    2017.08.08
  4. 第2回革職人展(春)丸善 日本橋店4/5(水)〜4/11(火)

    2017.04.05
  5. クリスマスのラッピングのラッシュを迎えております。

    2018.12.20
  6. 浅草A-ROUND一日で作る手縫いのトートバッグ無事完成

    2018.04.23

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP