Loading

BLOG

プエブロ/ナポリの3年経年変化

1年365日のうち360日位、手にしてから3年間ご使用いただいているプエブロ/ナポリのバナナショルダーに、栄養分(植物性油脂・ラナパー)を与えさせていただきました。

たびたび拝見させてもらっていて、とても色艶が上がって良い味が出ているのは知っていましたが、こないだマチをよくみたら少しカサカサになっていたので「今度オイルを入れさせて」と伝えていました。

ラナパー

ラナパーの成分は蜜蝋、ホホバ油、ワセリン、ラノリン100%と植物性油脂のオイル。植物タンニン鞣しのプエブロと相性がいい。

水に濡らし固く絞ったウエスを指に巻いて、ラナパーをつける。

円をえがくように塗り込んでいく。左:塗る前 右:塗った後

袋縫いの縫い目も広げて塗り込んでいく。丸い金具は真鍮、付け根のブッテーロも0番で縫製しているので全く下手っていないのが嬉しい。

最後に乾いた布で磨きあげると、さらに艶が増してきます。身頃は使用時に身体に当たっているのですでに艶々でした。

いつでもメンテナンスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

※色の深みが増した色を明るくするのは不可能です。パーツを取替など別の方法になります。

右側の名刺入れのナポリが新品状態。

作らせてもらえる喜びから使ってもらえる喜び、そしてメンテナンスをする喜びも増えてきました。作り手冥利に尽きます。ありがとうございます。

 

プエブロを選ぶ理由

牛脂を使用したイタリアバケッタ製法で作られたプエブロは、ギン面を手作業で擦り、細かな模様をつけ、二つと無い独特な表情があり、通常のギン擦りでは味わえない経年変化がお楽しみいただけます。

プエブロ・ブッテーロとも元々オイルがたっぷりと入っています。革らしい革に味わいが出て育っていく風合いも素晴らしいですが、長期使用できるというのも魅力なのです。

GAGLIARDO〔ガリアルド〕/Navy〔プエブロ&BUTTERO〕旅立ち

ピンクの花が咲いたサボテン

関連記事

  1. エムピウ × HIS-FACTORYコラボレーションバッグ「GAGLIARDO」…

    2016.03.05
  2. 手縫いでつくるミニボストンバッグ教室無事完成編

    2018.11.10
  3. 第2回革職人展(春)丸善 日本橋店4/5(水)〜4/11(火)

    2017.04.05
  4. 新型名刺入れ エトルスコ/ブルー・ブラウン・クロ

    2018.03.23
  5. フルオーダーのパスポートケース

    2017.06.30
  6. 千輪×HIS-FACTORYのクラッチバッグ

    2018.01.06

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP