Loading

BLOG

A-4中仕切りトートPolacco(ポラッコ) ゴースト/ワイン&プエブロ/コッチネーラ

働く女性のために考えたA-4中仕切りトートPolacco(ポラッコ)

A-4ファイルがぴったり入るサイズ、マチも広めにとり、お弁当箱など入るよう下は解放されている中仕切りにはファスナーポケット。

安心感と永く愛着のあるパートナーとしていただけるよう、縫製の補強、素材はイタリア植物タンニン鞣し革のプエブロを使用している。

しかし。

自分好み

企画としてはプエブロなんですが、今回ご依頼のお客様はゴーストを気に入ってくれました。

ゴーストのワイン、そして金具は黒剥きメッキ。

黒剥きメッキは素材は真鍮、その上に黒ニッケルのメッキを掛けてバレルをかけ、アンティーク調に仕上げたメッキ。

黒ニッケルでは光沢がありすぎるので、ひと手間掛けていただいて味のある表現を実現。

ファスナーもアンティークシルバーを仕入れた。

ゴーストとは

タンナー(※皮を鞣し革にする工場のことをいいます)はイタリアに千以上あるタンナーのうち22社のみが認定を受ける”イタリア・植物タンニン鞣し協会”も認める、イタリア・コンツェリア・ラ・ブルターニャ社。

植物タンニン鞣し革のをアニリン仕上げで艶を出し、さらにロウ(ブルーム)をたっぷりと塗り込むことで、厚いロウに覆われている。

もともと古くは英国貴族の馬具用に開発されたブライドルレザーにオマージュされ、誕生した。

使い込むとロウ(ブルーム)がだんだん取れてきて、下地の色の姿が見えてくるという、独特の個性的な経年変化がお楽しみいただけます。

また、ロウは取れるだけでなく、下地の革にも染み込み、防水にもなる。

0番糸縫製

ショルダーベルトの根革は負荷がかかる箇所。

なので、企画では2.8ミリのブッテーロをしているが、今回はゴーストで合わせたい。

ゴーストは1.8㎜前後なので、一度貼り合わせて3.6㎜にして再度2.8㎜に漉いて折り曲げている。

縫製箇所も厚いのと針も太いので、下穴を開けてからの縫製。

極太ステッチ0番で縫製

持ち手も

縫製後。

コバ磨き

身頃、マチの合わせはコバ磨き。

豆カンナで面取りした後、サンドペーパーで慣らし、目止め液を使いヘチマで磨き込む。

さらに空ぶきをして艶を出す。

この作業は植物タンニン鞣し革のオイルレザーを選ぶ理由の一つと言える。

ワックスのかかったゴーストとプエブロが合わさってのコバ仕上げの美しいこと。マチはプエブロのコッチネーラ。

まとめ縫製も0番糸仕上げ。

完成

♢素材
本体/ゴースト・ショルダー取り付け金具部分の補強革/(イタリアの名門タンナー、コンツェリア・ラ・ブルターニャ社による植物タンニンなめし牛革)
内装/コットン、金具/真鍮、ファスナー/YKKエクセラ

サイズ(W×H×D
350×260 ×最大150
ハンドル立ち上がり110
ショルダーストラップ長さ1040~1160

♢重量
約1140g

カラーオーダー可

ゴーストのワインとプエブロのコッチネーラのコンビネーション。5年後の経年変化が見てみたい。金具は黒むきメッキ。クールだ。

マチはプエブロのコッチネーラ。

裏地はコットンのブルーグレー。そしてマグネット無しのご指定。

個性的な感性を支持してくれたO様、大変お待たせいたしました、ありがとうございました。

 

 

トートバッグ ammassare(アンマサーレ)横型Mサイズ・プエブロ/ネイビー&マレンマ/チョコ

11/6(土)パークスパーク・マーケット出店

関連記事

  1. 6年前のバナナショルダー(ミネルバボックス/ナポリ)裏地総取り換え

    2017.06.10
  2. 【プロダクト紹介】流行コンパクトな三つ折り財布”tino”…

    2018.08.17
  3. 手縫いでつくるミニボストンバッグ教室4日目

    2018.10.24
  4. ガリアルドのお客様ご来店

    2018.05.13
  5. フルオーダーのミニボストンバッグ〔ミネルバボックス /パパベロ〕

    2021.01.25
  6. 墨田が誇る東日本金属の鋳造技術によって完成したパーツ&合切袋(ottone)

    2019.01.05

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP