Loading

BLOG

手縫いでできるトートバッグ(Lサイズ)教室・ゴースト編

手縫いでできるトートバッグ(Lサイズ)が無事完成いたしました。

革はゴーストのワイン

ゴーストとは、古き良きオールドイングランドのブライドルレザーをオマージュし、イタリアのタンナーコンツェリア・ラ・ブルターニャ社製で、通常のブライドルレザーに比べロウが厚口なのが特徴です。

ワインのリクエストで裁断から進みました。

革切り包丁での手裁ち

バッグ作りを上達させたいとのMさんはマイ包丁を持参し型紙に沿って裁断からスタート。

※初心者の方はこちらで裁断します。裁断体験も可

型紙を切らないようにしないと、と緊張しています。

裁断したパーツ

コバ磨き

まずは面取りから。

専用の道具でエッジを丸くします。

その後、目止め液をつけてヘチマで磨き、さらに乾拭き磨きをして艶出し。

染料染めのゴーストも美しい色艶になります。

菱目打ち

コンパスで縫代に線を引いたら、菱目うちで穴あけ。

手縫い

持ち手は肉盛りを入れた後、ゴム糊でサンドして二枚合わせした後、コバ磨き、そして菱目撃ちしてから、レーシングポニーで挟んで手縫い。

身頃と底は大きくなるのでレーシングポニーは使いません。

マチを合わせ、菱目打ち。

立体になりながら手縫い。

裏地

裏地付きはオプションでプラス¥3000で私が事前にお作りします。(ミシン縫製)

袋になった内袋(裏地)と持ち手と袋になった本体を合体させます。

距離はピッタリ。

いよいよ口元の手縫いです。

丁寧にひと針ずつ手縫いしていきます。縫い上げて糸をひっぱった時の感触を味わいながら、ゆっくり時間をかけて縫っていきます。

完成

きれいに仕上がりました、無事完成です。

w320×H300×D150

裏地カーキ ファスナーポケット×1 平ポケット×2

ご自身で作り上げたトートバッグ、既に愛着が沸いています。

約6日間お疲れ様でした。

手縫いで作るトートバッグはS,M,Lの3型。

革はイタリアのバタラッシー・カルロ社のプエブロコンツェリア・ラ・ブルターニャ社のゴーストをご用意しています。

初めての方でもゆっくりとご指導させていただきます、ご安心ください。

詳細はこちらから。

10/1(木)〜10/31(土)paypay30%ポイント還元キャンペーン

フルオーダーのトートバッグ ミネルバボックス /ナポリ

関連記事

  1. プエブロの経年変化/ペトリーリオ編

    2020.10.04
  2. ミネルバボックス/タバコ&マレンマ/チョコのブリーフ鞄〔カラーオーダー〕

    2018.05.08
  3. すみだ川ものコト市10/7(土)の開催について

    2017.10.06
  4. 他社製品の修理

    2019.01.22
  5. 特大のトートバッグ製作〔手裁ち編)

    2018.03.17
  6. 文化の日は貸し切りワークショップ

    2018.11.03

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP