Loading

BLOG

フルオーダーのトートバッグ/プエブロ・サビア

今年2月に完成したフルオーダーのトートバッグの制作〜完成の様子です。

ヒアリングからスケッチ画

お気に入りのサイズ感のトートバッグがそろそろ痛んできたのできたので、新調しようとしたところそのブランドが分からず、同サイズで作って欲しいとのご依頼。

ポケットの追加から床に置かないので底鋲は無しなど、ご自身のスタイルが分かっていらっっしゃる。
(※後にペットボトル入れは中止、マチが折り込むデザインのため)

このヒアリングからスケッチを描かせてもらっている時、僕はいつも胸が高まっています。

裁断

型紙ができたら、どう裁断していくか型紙を置いて考える。

下の長い型紙は、通しマチ。

量産品は大体マチ、底と継ぎ足す。そうした方が取り都合がいいから。

逸品ものはそんなケチケチしたことはしない。

傷もあまり関係なく入れます。※掘れていたり肉落ちと言って裏が凹んでいる箇所は弾く。

まとめ縫製前

底鋲は無し

床には置かない。電車に乗っている時気持ちいいとのご希望。

継ぎ接ぎがなくて気持ちいい。

 

裏地の色は

ウオルナッツというブラウン系

完成

素材

本体/プエブロ・サビア(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革)
内装/コットン
金具/真鍮
ファスナー/YKKエクセラ
サイズ:H26cm×W36cm×D11cm、ハンドル立ち上がり22cm、ショルダーストラップ無し。
重量:約1100g

プエブロ(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革)

牛脂を使用したイタリアバケッタ製法で作られた、プエブロは吟面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。二つとない独特な表情があり、通常の吟擦りでは味わえない、経年変化がお楽しみいただけます。自分だけの色へと育っていきます。

長期に耐えられるような素材ですので、力が掛かる箇所は漉かずに縫製、全体的にも革漉きは厚め、永く愛用していただけるように縫製しています。

今回のトートバッグの特徴は、ハードな作りでも女性を意識し、堅牢のブッテーロは使わず、オールプエブロで制作しました。

持ち手の根革は厚みが足りないので2枚張り合わせ、強度は変わらないようにし、丸手は綿芯を入れて仕上げました。

使い慣れたバッグを再現させていただけたこと、作り手冥利につきます。ありがとうございました。

フルオーダーのブリーフ鞄/プエブロ・オルテンシア&ブッテーロ

セミオーダーのバックパックLサイズ(リュック)/ミネルバボックス・R.アンティコ

関連記事

  1. 2日かけて作るミニボストンバッグ・プエブロ/オリーバ【最終日編】

    2018.05.16
  2. 自宅でできる手縫いのワークショップのお便り

    2020.05.08
  3. 下町がニューオリンズ 浅草HUB

    2018.07.09
  4. プエブロ/タバコの経年変化&修理・フルオーダーのショルダーバッグ編

    2019.02.18
  5. フルオーダーメイドのフルートケース/プエブロ/ナポリ&BUTTERO/Yello…

    2018.03.10
  6. 二つ折り財布の修理 ミネルバボックス/ナポリ

    2018.02.01

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP