Loading

BLOG

フルオーダーの万年筆入れ〔手縫い〕プエブロ/タバコ

万年筆を1本だけ入れるケースをフルオーダーでのご依頼にお応えさせていただきました。

万年筆と言ってもサイズ感も様々。

お客さんがいつもご愛用している万年筆を採寸し、スケッチを描いてその日の打ち合わせは終わりました。

試作

試作(プロトタイプ)が出来上がりましたので、再度ご来店していただいて、ここをもう少し長くなどサイズ感をチェック。

試作は試作用の安価な革を使用しています。

ベロがちょっと短かった。

ベロがちょっと短かった。

マチ幅、ちょっと狭かったのと、ちょっと長かった。

マチ幅、ちょっと狭かったのと、ちょっと長かった。

背のストラップの革の位置はOK。

背のストラップの革の位置はOK。

再度ご来店いただき、細かいチェックをし次は本番です。

再作開始

まず前身頃とマチを先に貼り付けて、コバ磨き後、手縫いスタート。

背身頃とマチを合わせて、豆かんなで面取りしたところ。

カブセ裏にもプエブロを1.2㎜に薄くして貼り合わせて、面取りコバ磨き。内側の床面も磨いてある。

だんだん形になってきました。

意外と長い。ピッチはいつもより細かい菱目打ちを使用。

あともう少し。

完成です。

ベロも5㎝長くなって安定しています。

ベロも5㎝長くなって安定しています。ストラップも装着。

マチ、ゆとりあり、下も少し開けてスッキリ。

マチ、ゆとりあり、下も少し開けてスッキリ。

ジャストサイズの万年筆ケースです。

ジャストサイズの万年筆ケースです。

お客様もつけたままお帰りになりました。

小さいモノだと簡単に思われがちですが、結構緊張しました。

一度できてしまうと、なるほどこんな感じか、と気づきがあるので楽しく作らせていただきました。

お気に入りの逸品のお手伝いができて作り手冥利につきます。ありがとうございました。

プエブロ/タバコ

牛脂を使用したイタリアバケッタ製法で作られた、プエブロは吟面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。二つとない独特な表情があり、通常の吟擦りでは味わえない、経年変化がお楽しみいただけます。自分だけの色へと育っていきます。

タンナー:イタリア・トスカーナ/バダラッシー・カルロ社

プエブロ の経年変化はこちら。

 

 

キーケース&財布Quattroの金具が新しくなりました。

カラーオーダーのトートバッグ〔polacco A-4〕プエブロ/クロ

関連記事

  1. 縄文 JOMON-T2016

    2016.06.23
  2. クリスマスのラッピングのラッシュを迎えております。

    2018.12.20
  3. 革職人展2020春(丸善日本橋店)後半4/7(火)までお世話になります。

    2020.04.01
  4. お盆休みのお知らせ

    2017.08.10
  5. Makers’ Baseワークショップ無事終了いたしました。

    2018.03.26
  6. メキシコ死者の日/渋谷ギャンゲット・バイ・モジャ

    2018.11.06

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP