Loading

BLOG

フルオーダー手縫いのスマホケース〔ブッテーロ/ベージュ〕

以前からベルトにさすタイプのスマホケースをお使いのお客様のご依頼。

「最近このタイプ、どこ探しても無いんだよね、だから作って欲しい」とお話ししながらボロボロになったスマホケースを見せてくれました。

まずは試作

フルオーダーの場合、寸法はミリ単位で型紙から起こします。

スマホは薄いタイプなので、手縫いじゃないと厳しいと判断しました、しかも永く使用したいとのご希望。

採寸が難しいので、一度試作を作りました。

試作を見ていただいて、縦横数ミリ修正し、ベルトループの位置も数㎜上げて安定を確認していただいてから、本番の制作に仕掛かりました。

レーザー刻印

実は、今年春にレーザー刻印、裁断ができる機械を導入しました。

しかし、まだ少ししか使いこなせていないのですが、ついお話ししてしまったら、お気に入りのイラストがあるというので、是非と言われてしまってチャレンジしました。

まずは、イラストをデータにする、これは2018年から信頼のおけるwebパートナーにお願いした。

そのデータをmacで操作し、レーザー刻印。

レーザーの焼き具合も革の種類や色によってだいぶ変わるので、何度もテストしデータをとる。

面白いけど、なかなか時間かかり、あっという間に数時間。。。

本番、上手く行った。

裁断

一発で行く自信がないので、粗裁ちしてからのレーザー刻印、そして刻印の位置を確認し、型紙に沿って裁断。

型紙をくり抜くという原始的なやり方。

貼り合わせ、穴あけ

カブセ裏に革をつり込んで貼り合わせる。

そして菱目打ち。

コバ磨き

面取りしてからコバ磨き。

ブッテーロもよく艶がでます。

手縫い

手縫いスタート。

意外に距離があるので、3回に分けて手縫い。

再度コバ磨き

マチは手縫いしてからコバ磨き。

いい艶出てます。

完成

レーザーも上手く行きました。

金具は真鍮製のバネ式ホック

ベルトループは8番糸縫製

スマホケースでも、あらゆる道具を使用します。

作業台はこんな感じに散らかり放題です。

お客様にも大変喜んでいただけました。

Aさんありがとうございました。

 

ブッテーロ

厚みは3㎜前後、堅牢でありがなら多くのオイルが含まれる。薄化粧仕上げで傷やトラは見える反面、天然素材な自然な表情と透明感のある色合い。使い込むほど、色濃く変化していく表情、ナチュラル感はイタリアならではの色合いです。

※カブセ裏、マチ、ベルトループは適度に薄くしています。

長期に耐えられるような素材だからこそ、永く愛用していただけるように極力厚めに縫製しています。

カスタムオーダーのクリ手クラッチバッグ〔ハバナ/ポルポラ&アケロ〕

セミオーダーの新型クリ手トートバッグMサイズ〔ナッパ/プルーニャ〕

関連記事

  1. セミオーダーのブリーフ鞄〔裏地交換と約6年の経年変化編〕

    2021.01.16
  2. セミオーダーのミニボストンバッグ(ショルダーベルト無し)

    2020.01.11
  3. monoTOKYO×Makers’Baseコラボレーション企画のワー…

    2017.11.04
  4. GAGLIARDO(ガリアルド)プエブロ/ネイビー・タバコ

    2018.10.25
  5. 第一回革職人展4/24(水)~30(火)丸善丸の内本店でお世話になります。

    2019.04.23
  6. フルオーダーのカメラバッグ・プエブロ/ネイビー&ブッテーロ/ネイビー

    2021.05.14

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP