Loading

BLOG

手縫いでつくるミニボストンバッグ教室3日目

 

今日で3回目になりました、ミニボストン教室。

平からマチを付けて立体になります。貼り付けは経験と勘が必要なので私が。

 

印もつけていますが、臨機応変に伸び縮に対応しながら貼っていきます。

革と仲良く遊んでいる感覚です。

 

予めあけておいた穴に、菱切りを入れて、縫い道を作ります。

 

自己陶酔の世界に入りました。

 

口元が広いので意外と縫いやすいんです。縫い穴と糸の法則が分かれば。

 

あっという間の3時間。次回はファスナーの取り付けです。

段々と難所もありますが、楽しいと言って下る事、僕もワクワクします。

また新しい型も試作中ですが、なにか作りたいのがあったらご相談に乗ります。

 

8番糸(ビニモ)での縫製修理、糸通しに感動。

すみだ川ものコト市のワークショップのご用意が出来ました。

関連記事

  1. プエブロ/パパベロ&buttero/Redのトートバッグammassare(アン…

    2019.06.23
  2. 〔夏のキッズフェスティバル〕東急渋谷本店にてワークショップ開催8/19(土)20…

    2017.08.09
  3. セミオーダーのショルダーバッグ(ポストマン・バッグ)ミネルバボックス・オルテンシ…

    2020.06.10
  4. 革とものづくりの祭典・浅草A-ROUND新着情報

    2018.10.19
  5. 新型クラッチバッグ プエブロ/ペトローリオ(ブルーグリーン)/ナポリ(イエロー)…

    2017.07.04
  6. 裏地総取り換えの修理 A-4トート プエブロ/ナポリの経年変化

    2017.09.25

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP