Loading

BLOG

フルオーダーのバックパック/ミネルバボックス・R.アンティコ

今年2月完成したフルオーダーメイド のバックパック(リュック)の制作工程〜完成。

出来上がってからの手縫い

菱目打ち

手縫い開始

ショルダーベルトのわずか5ミリの縫代だけでは安心できなくて、最後にぶっ通しで手縫いして補強しています。

ボロ隠しと言われたり、当たり前のようにグログランテープで被せてて縫製、60本、100本〜と量産では当たり前。

しかし、1点ものとしては5ミリしか縫われていないのが安心できないので、15ミリほど深く出して最後に手縫いで一気に縫い合わせている。

これで5ミリの縫代から切れることは無いと確信している。見た目より強度を重視しています。

完成

素材

本体/ミネルバボックス(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革)
内装/コットン
ファスナー/YKKエクセラ
サイズ:H46cm×W32cm×D13cm
重量:計測忘れ

ミネルバボックスとは

イタリア植物タンニン鞣し協会が認める”牛脂”を使用した”バケッタ製法”で作られているミネルバボックス。

ボックスとはイタリア語でボコボコという意味しており、銀面の表情はそれぞれ異なるシボがあり、唯一無二の表情があります。

使い込むほどに色艶が上がってくる表情はイタリアならではのナチュラル感溢れる経年変化がお楽しみいただけます。

牛脂を含む秘伝のオイルがたっぷり入った、バケッタ製法で作られたミネルバボックスは乾燥しずらくメンテナンスは乾拭き程度で問題ありません。

※染色は染料染めなので初めは色落ちする可能性がありますので白い服でのご使用は避けてください。

メインとした秘伝のオイルを使用したイタリアバケッタ製法で作られた、ミネルバボックスは薄化粧仕上げのため傷やトラは隠れにくい反面、素材の味を活かす唯一無二の個性のある表情があります。使えば使うほど艶が増し、飴色に育ち経年変化がお楽しみいただけます。

長期に耐えられるような素材ですので、力が掛かる箇所は漉かずに縫製、全体的にも革漉きは厚め、永く愛用していただけるように縫製しています。

一点物制作だからできるシンプルと強度を組み合わせた逸品です

ファスナーは見えないようにと、少々の雨に濡れないようにと。

後ろにはファスナーポケット。背当てのショルダーは50㎜幅で5ミリ厚のウレタン入り。

マチは両サイドポケット。スマホとか。

前ポケットもたっぷり。裏地で剥いだり、セコいことはしない。

内装はファスナーポケット。下の方につけている。

2層のポケットも同様下につけている。底芯はスポンジ入り。(取り外し式)

ミネルバボックス R.アンティコの経年変化はこちら

フルオーダーのトートバッグ/プエブロ・サビア

自宅でできる手縫いのワークショップのお便り

関連記事

  1. 浅草A-ROUND春・一日で作る手縫いのショルダーバッグ無事終了

    2019.04.22
  2. ボディーバッグ プエブロ&ブッテーロ

    2017.08.25
  3. 連休は名刺入れ・B-6と特注サイズのワークショップ

    2019.01.15
  4. セミオーダーの新型バケツ型ショルダーバッグ〔ナッパ/クロ〕

    2019.03.02
  5. 革職人展 丸善2017秋 日本橋店 9/13(水)~19(火)

    2017.09.10
  6. トートバッグの持ち手製作 イタリア植物タンニン鞣し革BUTTERO

    2018.01.30

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP