Loading

BLOG

手縫いでつくるミニボストンバッグ教室

手縫いでつくるミニボストン教室もお二人でスタートいたしました。

一日(一回)3時間前後を、8回位通っていただくコーススタイルです。

初日は僕が裁断している間に、ファスナー作りから。

ファスナーは、YKK(日本製)のエクセラという、グレードの高いファスナーです。

”ムシ”は厚口で、滑らかにすべるよう面も取ってある。耐久性もある。

ニッパで”ムシ”を切っていきます。テープを切らないように”キワ”を責めてすれすれで切りたいです。ムズイですが何とかなりますし何とかいたします。

長さ40㎝に仕上げたい。両サイド縫い代を1.5㎝ほしいので43㎝で切ったあとは、”ムシ”を両サイド1.5㎝+尻止め分(5㎜)を切ります。

ムシの数だと10個位。

スライダーを入れた後は、尻止め(H止め)をつけます。

コバ磨きもして。

初日は、終了です。アッという間の3時間。

素材:左:プエブロ/パパベロ 右:プエブロ/ナポリ ※イタリアバケッタ製法による植物タンニン鞣し革/バタラッシーカルロ社

牛脂を使用したイタリアバケッタ製法で作られた、プエブロは吟面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。

二つとない独特な表情があり、通常の吟擦りでは味わえない、経年変化がお楽しみいただけます。

 

 

 

手縫いでつくるトートバッグSの教室初日

連休はたくさんの方に体験していただきました。

関連記事

  1. 【丸善 革職人展】HIS-FACTORYの展示を見に来ませんか?

    2018.09.17
  2. monoTOKYO×恵比寿コンテナ展示販売期間限定1/11(木)~1/31(水)…

    2018.01.12
  3. エトルスコ(WALPIER)の新型名刺入れ製作工程

    2018.03.09
  4. 働くママのフルオーダーリュック 製作工程から完成まで

    2018.03.14
  5. すみだ3Ⅿ運動スペシャルウィーク9/16(土)17(日)「職人・工房をめぐるツア…

    2017.08.28
  6. プエブロ/ナポリ4年の経年変化〔Ⅼ字ファスナーウォレット編〕

    2018.08.07

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP