Loading

BLOG

フルオーダーのバックパック・リュック/ナッパ・オルテンシア

ずっと前から課題を残し保留していた”バックパック”。

ついにオーダーメイドのご依頼がありましたので、試行錯誤を繰り返し、やっと完成しました。

フルオーダーとは

お客様は既に使用しているデニムのバッグパックのサイズ、形がお気に入り。

永く愛用したいので革で同じようなデザインでとのご依頼。

天日干しから

革素材は軽量化でナッパをお薦め。

色はオルテンシア、約3,4年後の経年変化をお見せすると、その色に近い状態からスタートできないかとのご要望。

なるほど、では数日天気のいい日に屋上で陽に当てて、経年変化させてみました。

※下の明るい紫陽花色のが新品のオルテンシアで上に乗っている荒断ちしたのが天日干ししたオルテンシア。

胴身頃の前ポケット

この前ポケットを作るのに、だいぶ失敗を繰り返しました。

補強は手縫い

この箇所はずっと悩んでいました。

どうも、袋縫いの時にショルダーベルトを挟み込んだだけというのが、心配でした。

でも引っ張られる時のシルエットってなんかかっこいいんです。

ならば、長めに縫い込んで身頃とショルダーを手縫いしてしまおうと。

これなら抜けないだろう。

裏地はワインレッド

ベタポケット×2

ファスナーポケットと、大きめなポケット。

完成

ファスナーは隠れるようにし、マチサイドポケット×2。

背当ては5㎜のウレタン入り。

背胴は特に何も入れません。

初めは色落ちしますので、白い服は着ないでください。

革素材/ナッパレザー(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニン鞣し牛革)
オルテンシア(天日干し)

裏地/ シエスタ(コットン)
ワインレッド

サイズ:300×380×130

ファスナー:№5YKKエクセラ

ナッパレザーとは

イタリア植物タンニン鞣し協会が認める”牛脂”を使用した”バケッタ製法”で作られているミネルバボックスの薄いタイプ

ミネルバボックスは厚み1.6㎜〜1.8㎜あるのに対してナッパは1.4㎜〜1.6㎜と0.2㎜前後薄い。

銀面の表情はミネルバボックスよりシボが細かいが、それぞれ異なり唯一無二の表情があります。

使い込むほどに色艶が上がってくる表情はイタリアならではのナチュラル感溢れる経年変化がお楽しみいただけます。

牛脂を含む秘伝のオイルがたっぷり入った、バケッタ製法で作られたミネルバボックスは乾燥しずらくメンテナンスは乾拭き程度で問題ありません。

※染色は染料染めなので初めは色落ちする可能性がありますので白い服でのご使用は避けてください。

メインとした秘伝のオイルを使用したイタリアバケッタ製法で作られた、ナッパレザーはは薄化粧仕上げのため傷やトラは隠れにくい反面、素材の味を活かす唯一無二の個性のある表情があります。使えば使うほど艶が増し、飴色に育ち経年変化がお楽しみいただけます。

 

フルオーダーのミニボストンバッグ/ミネルバボックス・クロ

GAGLIARDO(ガリアルドメッディオ)プエブロ/ネイビー&BUTTERO/Navy

関連記事

  1. A-4中仕切りトートPolacco(ポラッコ) ゴースト/ワイン&プエブロ/コッ…

    2021.10.30
  2. 墨田のお勉強会

    2019.03.09
  3. 4/22(金)~24(日)春のエーラウンドでトート制作

    2016.04.18
  4. 手作りのB-6のノートカバーとプエブロの育ち具合

    2018.05.20
  5. コトナス Japanese style展 「和となす」9/9~9/22@すみだま…

    2016.09.09
  6. プエブロ/コニャックのフルーダーのカブセショルダー鞄 A-3 440×310×6…

    2018.02.27

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP