Loading

BLOG

おとなの社会見学〔お山の道具店〕

あるご縁で静岡県の山奥に行ってきました。人里離れた集落で陶芸を営んでいるご夫婦がいるという。陶芸と言えば工房、田舎暮らし、興味津々でこの日が来るのを楽しみにしていました。

前日、太平洋沿岸に台風が通過で東京は雨がしんしん降っていましたが、当日の朝は雨も止み曇り、東名海老名サービスエリアに寄ったころピーカンに晴れてきました。

東名高速は久しぶりで、右手に競馬場、左手にビール工場♬、それは中央高速でした・・・。御殿場辺りまで来ると、富士山を拝める!心の奥でワクワクしていました。

しかし、まるでラピュタのように大きい雲に隠れているようで、行は見ることが出来ませんでした。帰りに期待。

新東名に乗り換え、藤枝岡部で降りて、北へ向かう。ゆるい登りから急こう配の坂になってきてどんどん上がる、道は細くなり、さらに傾斜がきつくなってきました。

いよいよ到着!看板、シンプルでいい。

着いたところは「器とおやつ お山の道具店」 なんて素敵な雰囲気なんでしょうか!元々は、もう使われなくなったお茶の工場だったという。

静岡だけに高台でもお茶を作っていたのですね、目の前はお茶畑

アート看板も素敵です。

ギャラリースペース、店内も木造で古い木を残しつつリノベーションされ、超素敵空間です。

素敵な作品が並んでいます。ひとつひとつに魂がこもっています。

美味しいスイーツに手仕事のお皿、共に魂が籠っています。さて、どのお皿になったでしょうか・・・

そして、裏手はお住まいと、工房が隣接。 陶芸家の村上くんは快く、工房を見せてくれて、経緯や陶芸について話してくれました。

18、19歳からこの道を目指そうと決めていたという。 淡々と話してくれましたが、辛抱強く頑張ってきたんだと思います。

脱帽です。道具ひとつひとつ何見ても感動します。

 

実際作る工程も見せてくれました。間近で見るのは初めてで、緊張と感動、手先だけでなく、身体全体を使っています。心も安定していないいけませんね。

そして人の手作り、手仕事をみているのはとても興奮します。

これからの人生の生きるヒントをいただけました。いろいろなコトが心に深く入ってきました。考えさせられます。もしかした求めていたコトがこういうコトだったかもしれません。

この機会を作ってくれた、東向島珈琲店のマスター、抱珈琲(千葉いすみ)の水野さんに感謝、村上さん、奥様、いいお話を聞かせてくれてありがとうございました。

帰りは富士川パーキングエリアで、やっと夕暮れの富士山を拝むことが出来ました。また来たい、ショートトリップ、静岡&お山の道具店。

〔器とおやつ お山の道具店〕

場所:〒426-0131 静岡県藤枝市瀬戸ノ谷10962

ホームページ:器とおやつ お山の道具店

Facebook:器とおやつ お山の道具店

Instagram:お山の道具店さん(@oyamanodoguten)

営業時間:木・金・土 11:00〜日没まで

敬意や感謝の気持ち

Polacco(ポラッコ)B4ブリーフケース〔プエブロ/オルテンシア〕

関連記事

  1. 神保町いちのいちオクリモノマーケットありがとうございました。

    2016.12.27
  2. ミネルバボックス/タバコ&マレンマ/チョコのブリーフ鞄〔カラーオーダー〕

    2018.05.08
  3. 東京から発信するワークショップ monoTOKYO(FM tokyo)×Make…

    2017.07.12
  4. 1920年代のパリで大流行した大人の社交場をイメージした〔ギャンゲットbyMOJ…

    2018.03.13
  5. 革とモノづくりの祭典 A-ROUND開催 4/21(金)~4/23(日)

    2017.04.17
  6. フルオーダーメイドのフルートケース/プエブロ/ナポリ&BUTTERO/Yello…

    2018.03.10
PAGE TOP