Loading

BLOG

新型トートバッグ 学研ホンモノケイカクから発信

学研が誇るメンズ向け専門誌5誌の編集者がプロディースした別注品を販売するセレクトショップ”ホンモノケイカク”様から発信させていただくことが出来ました。プエブロのトートバッグは”ガットゥーゾ”と名づけさせていただきました。

img_3472

カッコ良く撮っていただきました。

img_3473

きちんと説明していただいています。

img_3470

img_3469

ゲットナビという雑誌の学研ホンモノケイカク冊子に掲載


制作の様子です。

img_3115

本数がまとまった時は、スウェーデン鋼という刃型を作って、油圧式の機械(クリッカー)で裁断します。


img_3117

身頃を取った残りで、身付けや底パーツを裁断していきます。

img_3134

近所の革漉き屋さんで、胴裏身付け、ファスナー身付けをベタ漉してもらっているところです。1.5㎜~1.8㎜に一定に漉いてもらえます。

img_3226

ブッテーロのハンドル制作です。表裏の間に、ヌメ床を入れています。

img_3233

豆カンナで面取りします。角を丸く仕上げています。その後、コバ磨きをし染料の色を活かし美しく仕上げていきます。

img_3363

麻糸で手縫いしてます。

img_3354

手縫いは、一本仕上げるのに約1時間かかります。

img_3437

底板は5㎜のスポンジで溝の段差をつくり、パソコンを入れても動かないようにする工夫をしました。実は編集者の方のアイデアをいただきました。

img_3455

初の二けた生産、無事完成いたしました。近所のお手伝いのみなさまにも協力していただきました。ほんとうにありがとうございました。



p1018817

ハンドルは口元に挟み込んで身頃を貫通して、手縫いで仕上げています。

p1018814

携帯や名刺入れが入るつるしポケット

p1018813

ファスナーポケット

 

 

 

 

 

 

p1018819

底鋲は真鍮


現在、在庫0になってしまいましたが、受注制作させていただきます。

手間をかけてつくる、壊れにくく、愛着をもって永くお供できるトートバッグです。

牛脂を使用したイタリアバケッタ製法で作られた、プエブロは吟面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。二つとない独特な表情があり、通常の吟擦りでは味わえない、経年変化がお楽しみいただけます。

フルレザートート:ガットゥーゾ

素材:プエブロ/タバコ&マレンマ/チョコ

size 340(380)×340×130 ハンドル立上り210

 

プエブロ 新色コッチネーラ

WINTER SALE 50~70%OFF12/9(金)~19(月)

関連記事

  1. バナナショルダーⅬ 5年後の経年変化と修理

    2016.11.03
  2. 第10回モノマチ/エムピウ企画手縫いの手帳カバー(手帳byカキモリ)無事終了いた…

    2018.05.27
  3. 手縫いで作るオリジナルのブックカバー(文庫本サイズ)のワークショップ 

    2017.08.16
  4. カスタムメイドの経年変化 ブリーフ鞄《ミネルバボックス/カスターニョ》

    2016.05.14
  5. 受注制作のカブセショルダー 制作工程~完成

    2016.06.03
  6. 新型トートバッグammassare横型〔プエブロ&BUTTERO/クロ〕

    2018.08.15

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP