Loading

BLOG

手縫いで作ったキーケースとパスケースのカスタマイズと修理と経年変化

3、4年前のワークショップで作られたⅯちゃんのとNちゃん。

いいエイジングしているのですが、どうしてもイメチェンしたい、修理したいとのご要望にお応えさせていただきました。

カスタマイズ、修理のワークショップと言ったところでしょうか。

自分で糸をほどいて、新しい革を選んで、生まれ変わる。

いったいどうなることでしょうか。

パスケース編

3、4年前のワークショップで作られたⅯちゃんのパスケース、いいエイジングではあるが、どうしても色を変えたいという。痛んではいるわけではない。 ※左画像のステッチは初めから。

自ら糸をほどく。手縫いはミシンのようにするするっとほどけるわけではない。

自己陶酔の世界にはいりました。

完成いたしました。ゴーストのベージュをセレクトしてカスタマイズしました。

キーケース

同じく3,4年前に作ったNちゃんのキーケース。無理にカードを数枚入れているので、凹っとしてはいるものの、エイジングはいい。しかし無理をしているせいか、曲がる箇所のステッチがほどけてきている。手縫いだからするするとはほどけないが、縫いなおしたい。

糸ほどき。以外に距離があるので、手間がかかる。

自己陶酔の世界に入りました。

 完成

糸を縫い直して無事完成。見違えりました。

使っていて、繊維の奥までオイルと染料が行きわたっている。エイジングによる艶と経年変化。その人の歴史を感じる。

手縫いなので修理してまた復活する。こういうの好きです。

プエブロ/ペトローリオ&ブッテーロ/ブルーのトートバッグammassare(アンマサーレ)横型Lサイズ

手縫いで作る革小物のワークショップ〔3月総集編〕

関連記事

  1. エッジ部分の仕立て方法〔ヘリ返し・溝漉き編〕

    2018.07.17
  2. ちびっ子動物チャーム作り

    2019.02.17
  3. iphone xケース試作

    2019.02.03
  4. お盆休みのお知らせ

    2017.08.10
  5. メッセンジャーバッグ プエブロ/ナポリ&BUTTERO/Orangeの経年変化

    2018.02.09
  6. 悪魔が発明した楽器”バンドネオン”の持ち手制作

    2019.10.16

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP