Loading

BLOG

プエブロ/タバコの経年変化&修理・フルオーダーのショルダーバッグ編

昨年末お会いした時「よく育ってますね~、よく見せてください。あれっ糸が擦り切れてる!!」
4,5年前にフルオーダーでお作りしたプエブロ/タバコのショルダーバッグ。

ヘビーにお使いになっていただいている証拠

よーく見てみると、糸が無いんです。ショルダーバッグで背中にコスコスあたっていたのでしょう。糸が擦り切れていました。

 内部

まずは糸をほどいて。

長期使用にも耐えられるよう口元に帯鉄を入れているので、まったくヘロヘロになっていません。革漉きや素材も極限まで厚くしていて良かったと思います。

口元をあけて、ひと穴づつ拾っていきます。アドラー0番糸縫製。

そして口元も0番糸でまとめ縫製。ここも前に縫った糸をひとつひとつひろって縫います。

縫製直し完成。

イタリアバケッタ製法による植物タンニン鞣し革だからこそ

プエブロ/タバコの経年変化。

ほんとうの、使うほどに味が増すというのはこういうのだと思います。

ほんとうに素晴らし革です。長期使用にも耐えられるようコバ漉きなども極力厚くしています

こうして、何度でも直して(まだ一回ですが)ずっとずっと愛用していただきたいです。味がでるのはその人の証だと思います。

こういうコト(仕事)がしたかったのです。

まだまだ10年はヘビーに使って欲しいです、使えますプエブロなら。何度でもお直しいたします。

作り手冥利に尽きます。

ちびっ子動物チャーム作り

2月の連休も自己陶酔の世界に入りました。

関連記事

  1. 雨の明治神宮と菖蒲園

    2018.06.20
  2. LINE@はじめました

    2018.08.30
  3. おとなの社会見学〔お山の道具店〕

    2018.06.12
  4. 計る道具〔ノギス編〕

    2018.06.16
  5. マイベスパ復活

    2020.10.16
  6. Fun Surf Summer in 千葉房総

    2016.08.03

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP