Loading

BLOG

手作りのB-6のノートカバーとプエブロの育ち具合

ワークショップの一番人気は、A-6(文庫本サイズ)ですが、最近B-6のサイズの手帳カバーも人気が出てきました。

アソビューさんからお客様は、お二人ともB-6サイズで、3時間弱無事終了いたしました。

フォトグラファーみのわりょうた君が来てくれていたので、作品を撮ってもらいました。

左:リスシオ/R、アンティコ&プエブロ/タバコ 右:プエブロ/ナポリ&ミネルバボックス/オルテンシア

中も可愛い刻印です。

プエブロ/ナポリの経年変化 左:新品 右:約4年の経年変化(わたくしが4年育てた様子です)

ノートは蔵前のカキモリさんをお勧めいたします。B-6のノートの中身、金具、表紙もカスタマイズできる人気の文具店です。

1日でつくる手縫いのトートバッグ追加開催無事完成

ミニボストンのワークショップ前半編 プエブロ/オルテンシア

関連記事

  1. 神保町から発信するショルダーバッグ〔JIN-BLOW〕

    2017.05.18
  2. バナナショルダーⅬ 5年後の経年変化と修理

    2016.11.03
  3. 浅草A-ROUND 4/22(日)一日で作る手縫いのワークショップ開催予約開始

    2018.04.03
  4. 6月に入りました。梅雨の季節です。

    2017.06.03
  5. ミニボストンのワークショップ後半編 プエブロ/オルテンシア

    2018.05.25
  6. CITAN(シタン)ワークショップありがとうございました。

    2018.03.05

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP