Loading

BLOG

ファスナーの革引手を取り付ける道具〔ペンチ編〕

HIS-FACTORYの製品はファスナーのひっぱりには、必ず同素材(プエブロ〕もしくはBUTTEROの革のひっぱりをつけます。

金属製のままは味気ないし、ただ革を巻いたり、カシメで止めてあるように、なんかチープな作りにはしたくない。

もう20数年お世話になっているYKKファスナーの代理店〔台東区の三協ファスナー〕さんに、無理を言ってYKKオリジナルの引手を止めるスライダーを外してもらって注文している。

 

このDカンは一般の鉄ではなく、真鍮製。内径は8㎜。

握ると開くペンチを使って、Dカンをちょっと開く。

そして革で作った引手を通して、くぼんだペンチで握って元に戻す。革の厚み1.8㎜なので合わせると3.6㎜

また別のクワガタみたいなペンチでスライダーの隙間を閉じる。

Dカンと革引手を取り付けるのにこの、3つの特殊なペンチを操ります。

完成の図。

これは、L字ファスナーの外用のファスナー。№5といって幅も大きさもちょいと大きい。革の厚みも1.8㎜位厚めにしているので約4年にも耐えくれます。

 

プエブロ/ナポリ4年の経年変化〔Ⅼ字ファスナーウォレット編〕

フルオーダーボストンバッグ 麻&BUTTERO/Green

関連記事

  1. 〔夏のキッズフェスティバル〕東急渋谷本店にてワークショップ開催8/19(土)20…

    2017.08.09
  2. TOKYO FM 80.0Mz 明日への狼煙をあげるラジオの中の会社スカイロケッ…

    2017.02.20
  3. ミネルバボックス/ナポリのバナナショルダーLサイズの旅立ち

    2018.03.11
  4. ブックカバーの名入れ(手打ち)サービスと期間限定送料無料延長

    2020.05.14
  5. モノマチナイン(第九回)お隣台東区のものづくりの祭典 カチクラとものづくりの魅力…

    2017.05.24
  6. プエブロ/クロ(マネークリップ小銭入れ付き)の育ち方〜経年変化

    2021.11.13

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP