Loading

BLOG

トートバッグ ammassare/BUTTERO持ち手製作

今年春に、リニューアルしたトートバッグ”ammassare(アンマサーレ)の持ち手の製作工程です。

一本の持ち手は、パーツ5枚積み上げています。

ボンドを縫って。

肉盛りといって床を間に挟みます。

床2枚、BUTTERO3枚、計5枚積み上げています。1枚が約2㎜あるので計10㎜になります。しっかりした壊れにくい持ち手を作りたかったのです。

剥がれないよう、圧をかけています。腕の筋を見せているわけではありません。結構力入れてます。

 

最近ハマってしまった動画製作、素人感満載でお恥ずかしいですが工程の様子がご覧いただけます。一本ずつ作っています。

アドラーといってドイツ製のパワーマシンで縫製いたします。厚み約10㎜、0番の極太糸で縫製します。針は25番

金具問屋さん曰く、ここ20年近く売れていないという真鍮製のネジ式の手カンです。なぜ売れていないかというと高いからです。

世の中のほとんどの製品にはダイカストのBPメッキやアンティークメッキが使われています。

私は、真鍮でなければ納得行きません。金具屋さんに無理を言って小ロットで作ってもらいました。台東区にある東京錠前さんです。ありがとうございます。

素材

本体/プエブロ(イタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革)

左:ペトローリオ 右:ネイビー

ハンドル/取り付け金具部分の補強革/ブッテーロ(イタリア老舗タンナー、ワルピエ社によるトスカーナ植物タンニンなめし牛革)

左:ブルー 右:ネイビー

内装/コットン、金具/真鍮 ファスナー/YKKエクセラ  サイズ:W330 mm×H350 mm×D110mm、ハンドル立ち上がり220 mm
重量:1400g

リニューアルしたトートバッグ”ammassare(アンマサーレ)”は、おかげさまで藤巻百貨店さまでのお取扱いをさせていただいております。

藤巻百貨店さんは日本産のいいモノをセレクトしているリアルショップ&ネットショップです。

【プロダクト紹介】キーケース&財布”クアトロ”の使用感とは?

プエブロ/ナポリ4年の経年変化〔Ⅼ字ファスナーウォレット編〕

関連記事

  1. エッジ部分の仕立て方法〔ヘリ返し・溝漉き編〕

    2018.07.17
  2. 丸善日本橋店にて1週間お世話になります。革職人展秋2018

    2018.09.12
  3. 【プロダクト紹介】財布を3タイプ、パパベロで揃えてみました。

    2018.07.21
  4. 【プロダクト紹介】キーケース&財布”クアトロ”…

    2018.08.05
  5. 新型B-4ブリーフ POLACCO(ポラッコ)発売開始

    2017.07.24
  6. 縄文 JOMON-T2016

    2016.06.23
PAGE TOP