Loading

BLOG

ゴーストの二つ折り財布coprire(コプリーレ)

イタリア、コンツェリア・ラ・ブルターニャ社のイタリア植物タンニン鞣し革/ゴーストで二つ折り財布のコプリーレ(coprire)を作りました。

ロウ引きとは

革の表面に蝋(ロウ)を塗りこんだ革のことです。

ロウを表に覆うことで(コーティング)することで、革の表面や繊維を保護しています。

そして使い込んでいくと、ロウが取れてきて、下地の色が見えてきます。

段々と表情が変わってくる楽しみになります。アンティークに育ってきます。

イギリスのブライドルレザーが有名ですが、ブライドルレザーというのは元々馬具用に作られた革で、ロウをしみ込ませて革の繊維を引き締め、耐久性、丈夫に仕上げた革です。

その後、その独特の表情と丈夫さから革小物、鞄にも使用され続けています。

ゴーストとは

このゴーストはイタリアのコンツェリア・ラ・ブルターニャ社製で、通常のブライドルレザーに比べロウが厚口なのが特徴です。

下地の色(ブルー)のターコイズブルーもとてもきれいです。

他の色はこちら

表面

裏面 カードポケットあり。

ホックを開けるとカード段7枚

右カード段の下には小銭入れ。

札入れは仕切りあり

♢素材
プエブロ(コンツェリア・ラ・ブルターニャ社による植物タンニンなめし牛革)
♢サイズ
折りたたみ:10.5cm×9.5cm×3cm
開いた状態:18cm×10.5cm
♢カラー
ブルー・コゲチャ(現在2色)
♢価格
21,600円(税込)

ゴーストの経年変化

厚いロウ引き加工がしてあり、使い込むと下地の色が姿を現し、独特で魅力ある艶や色合いががご覧いただけます。

イタリアならではの色合いとアンティークな経年変化をお楽しみいただけます。

財布の型は違いますが、ゴーストのブルーの経年変化です。左上が使い始めで右下がほとんどロウが取れた状態です。下のターコイズブルーもいい艶が出ています。約1年、お尻ポケットで毎日使用しました。バッグで使用していればまだまだロウは残っているはずです。

他にも、コゲチャで作りました。

8/10(土)現在在庫4個でCREEMAにて販売しています。

ワイン、レッドも作ろうと思っています。

茨城県&千葉県の魅力

アメリカ人も自己陶酔の世界に入りました。

関連記事

  1. プエブロ/ネイビーの経年変化 トートバッグ〔アンマサーレ前モデル〕

    2018.10.04
  2. 新型トートバッグ 学研ホンモノケイカクから発信

    2016.12.02
  3. プエブロの新型小銭入れ/コッチネーラ、ペトローリオ、ネイビー、タバコ

    2018.04.01
  4. 千葉県南房総の魅力〔鋸南編〕

    2019.01.25
  5. 手縫いで作るオリジナルのブックカバー(文庫本サイズ)のワークショップ 

    2017.08.16
  6. ファスナーつくり〔YKKエクセラ№5編〕

    2018.02.03

Order-made

sidebar_order

Workshop

sidebar_workshop

Shop Info

sidebar_shopinfo
PAGE TOP