Custom made – Material

使い込むほどに馴染み、独特の色艶が現れる最高級皮革

素材には、3種類の高品質なイタリア産革をご用意しています。

すべての革は、化学薬品を使用せず牛脂をメインとした、植物性なめし「バケッタ製法」でつくられたものを厳選。時間も手間もかかる製法ですが、“革らしい革”づくりのため、あえてこの製法を用いる世界でも希少なタンナー(なめし職人)による革を使用しています。

じっくりと浸透させた油分は、時間が経っても抜けにくく革を丈夫なまま保ちます。また、使い込むほどに味わいが増し、色艶が現れてくる表情の変化をお楽しみいただくことができます。

油分がたっぷり含まれているため、日々のお手入れは空拭きのみで充分。高級感と使いやすさを併せもつ、HIS-FACTORYこだわりの素材たちです。

 

ミネルバボックス Minerva Box ー個性を演出する表面の凹凸ー

イタリア語で凹凸を意味する、表面の風合いが魅力の革。
タンナー:CONCERIA CARLO BADARASSI
柔らかく馴染みがいいため、カジュアルな用途に多く使われています。

※各色の右下は、およそ7年後の経年変化した状態です。

 

プエブロ Pueblo ー民族的な表情を感じる細やかな文様ー

手作業で表面に吟擦り加工を施した、唯一無二の表情が魅力の革。
タンナー:CONCERIA CARLO BADARASSI
適度のハリがあるため、カジュアルからエレガントまで幅広く使われています

 

ブッテーロ Buttero  ー重厚感を醸し出すハードな質感ー

形状を維持することに優れた、堅さと丈夫さが魅力の革。
タンナー:CONCERIA WALPIER
コシがあり丈夫なため、ビジネスバッグや持ち手などに多く使われています

イタリア トスカーナ植物タンニンなめし革
化学薬品を使用せず、栗の渋などの植物性タンニンを用い時間をかけて「なめされた」革に、家畜牛のすね骨や無蹄足を煮沸して採取した純度の高い「牛脚脂」を、時間をかけながらゆっくりと加脂しています。油が浸透させるためにとても時間と手間がかかりますが、長く使用してもオイルが抜けにくく丈夫な革になります。また現在主流のエナメルや合成樹脂による塗装ではなく、染料による手染めのため、使い込むほどに色ツヤの深みが増し、美しいエイジングが楽しめます。