Loading

BLOG

プエブロ/タバコの経年変化〔ラウンドファスナー編〕

今回お客様からファスナーの革引手が取れてしまったとのことで、新規で作って取り付け、お客様にお届けしました。まだまだ使っていただだけるというので嬉しいです。

プエブロという革はイタリアの名門タンナー、バダラッシー・カルロ社による植物タンニンなめし牛革です。牛脂をたっぷり使用したイタリアバケッタ製法で作られ、吟面を手作業で擦り、細かな模様を付けています。二つとない独特な表情があり、通常の吟擦りでは味わえない、経年変化がお楽しみいただけます。4、5年の経年変化と思われます。よく育っています。

プエブロの名称は、イタリア語でアメリカの南西部やメキシコ北部に残るプエブロインディアンの集落を表し、民族的な表情を持つ革です。化学物質を入れず植物タンニンだけで鞣し、長い時間をかけて牛脂をたっぷりと染み込ませて作られ、イタリアならではの古典的な製法技術による染料仕上げの経年変化(エイジング)はつややかでありながらも素朴な味わいがたまらないです。

作り直した革引手↑

内装もプエブロを使用しています。こうして、永くご使用していただけるのは作り手として嬉しい限りです。

ラウンドファスナーのプエブロシリーズは全5色揃えていますのでよかったらご覧になってみてください。

革素材:プエブロ/タバコ(コゲチャ) ファスナー:YKKエクセラ 裏地:綿100

ブリーフ鞄 エトルスコ/クロ&BUTTERO/BLACK

特大のトートバッグ製作〔手裁ち編)

関連記事

  1. 手縫いで作る名刺入れ(カードケース)のワークショップ

    2017.09.24
  2. シンプルトートバッグ〔A-4〕プエブロ/パパベロ&BUTTERO/RED

    2018.01.15
  3. 革職人展2017秋 丸善日本橋 お世話になりました。

    2017.09.20
  4. 隅田川の桜

    2018.03.28
  5. 通常営業のお知らせ12/6(火)~12/18(月)

    2017.12.07
  6. エトルスコ(WALPIER)の新型名刺入れ製作工程

    2018.03.09
PAGE TOP