Loading

BLOG

身頃のステッチほつれのお直し バナナショルダーL編 ミネルバボックス/オルテンシア

約2年前セミオーダーでお作りしたバナナショルダーLサイズ。ほぼ毎日自転車通勤でご使用になっていただけるようでうれしい限りですが、センターステッチが背中と摩擦で擦れて無くなってしまいました模様です。そこでお直しです。

センター割りのデザインでこの箇所の糸が摩擦で無くなっていました。ファスナー口元をはがして一つ一つ針穴を拾って縫い直し。#0極太ステッチ

オルテンシアのご使用の経年変化は、ブルーグリーンへ、いい育ち方してます。とても嬉しいです。

口元を40㎝ほどほどきましたので、一つ一つミシン穴を拾って、裏地のと身頃のまとめ縫製。
完成です。まだまだ活躍していただきます。真鍮金具のジョイント部分のブッテーロ、#0の縫製は、まったくへたっていません。

こうして修理して永くお使いいただく、こういうことをしたかったのです。そして何度でもお直しさせていただきます。ミネルバボックスのオルテンシア、BUTTERO/BLUE の経年変化はとてもカッコいいし、耐久性もあります。

約2年前セミオーダーでお作りした時の色、ミネルバボックス/オルテンシアと BUTTERO/BLUE

2018年迎春 本年もよろしくお願いいたします。

千輪×HIS-FACTORYのクラッチバッグ

関連記事

  1. プエブロ/ナポリ4年の経年変化〔Ⅼ字ファスナーウォレット編〕

    2018.08.07
  2. 特大のトートバッグ製作〔手裁ち編)

    2018.03.17
  3. ミニボストンのワークショップ前半編 プエブロ/オルテンシア

    2018.05.21
  4. カキモリノートB-6手帳カバーのワークショップ無事終了ありがとうございました。

    2018.07.23
  5. ファスナーの革引手を取り付ける道具〔ペンチ編〕

    2018.08.08
  6. フルオーダーのテストサンプル/リュック&トートバッグ

    2018.03.29
PAGE TOP