浅草A-RUNDE2017秋 無事終了いたしました。ありがとうございました。

2017年秋のA-ROUNDのワークショップは桜橋レザーパークで〔一日でつくるクリ手クラッチバッグ〕土曜日(6名)と日曜日(5名)と2日間開催いたしました。毎回、耐久レースのように一日かけてバッグを作るワークショップは、前回、前々回とタイムオーバー、果たして今回は無事時間内に完成することができるのでしょうか?

 

素材はベリー。腹部の部位で半栽では、ほとんど使われない部分だが、イタリアの独特の植物タンニン鞣しで、とてもいい風合い、タンニン協会でも認めている。幅いっぱいいっぱいのデザインサイズ。
今回は、あらかじめ色をヒアリングし、こちらで裁断していった。

一日目

 

初めて方のいきなりの菱目打ち。

 

自己陶酔の世界に入りました。

 

夕方NHK・BSの取材が入りました。

 

最終のゴムノリ付け。だんだん暗くなってきました💦
最終工程の外まとめ手縫い。真っ暗になってしまいましたが、18:00位、、、最終的には18:40頃全員完成いたしました。お疲れさまでした。

二日目

 

二日目も朝から本降りの雨☂ しかし順調な滑り出しです。
手伝いに来てくれた後輩のお陰で、いい流れ。彼女はほんとうにキビキビしている。大体のことは任せられるので進みがいい。
雨の中、街歩きツアーの人がどんどん入って来る。午後も順調だ。
自己陶酔の世界に入りました。2度目の体験

 

2年ぶりの手縫いでも綺麗で縫えています。
完成いたしました。
全員揃いました。
みなさまお疲れ様でした。今回は後輩のお陰で、コーヒータイムもできるほど余裕。ほんとうに助かった。15:00に全員完成することができました。

初日は、一人できりもみしていて、なかなか全員を同時に作業に進ませるのが難しく、サポートが十分に行き届かなかったことが反省課題となりました。それでもなんとか18:45には全員完成することができました。二日目は後輩のお手伝いのお陰でスムーズに運び、17:00ごろに無事完成することが出来ました。常連さんからビギナーさんからお疲れさまでした。今回もいろいろな出会い、出来事がありました。A-ROUNDの実行委員会のスタッフさん、ボランティアの皆様、いつもほんとうにありがとうございます。あいにくの雨で、外での出店の方は大変だったと思います。おつかれさまでした。革屋問屋の富田興業㈱さま、いつも場所、革を供給、提供していただきましてありがとうございます。今回もとても喜んでもらえました。さらに来年の春にも新型で皆さんを迎えられるように今から楽しみです。そして、ものづくりを通してできるコト、役にたてるコトをもっと考えて実行に移していきたいと思います。また奥浅草でお会いしましょう。