バナナショルダーⅬ 5年後の経年変化と修理

バナナショルダーのⅬサイズは2011年の秋、ユーザーⅯさんへ旅経ったあと、5年後の今年の夏に里帰りしてきました。5年間、お仕事のお供で相当ハードに毎日を送ったご様子が伺えます。革はミネルバボックス/R・アンティコ。いい経年変化に育っています。革も喜んでいます。裏地は避け、ショルダーベルトも傷んでいます、総取り換えしました。その様子をご紹介いたします。

img_0429
5年の経年変化 ミネルバボックス・R、アンティコ
img_0430
一番負担のかかる根革と云われるところは、問題ないけれど、ショルダー部分がへたって来てました。ショルダーも根革も総取り換えします。


%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%8a%ef%bd%8d%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86
この画像は新品の状態のミネルバボックス・Rアンティコ バナナM
img_0433
角はファイルなどが当たっていたのでしょう。裏地は総取り換えします。表身頃、ファスナー、裏地のステッチを切って居ます。

img_0606

img_0607
5年のお疲れに栄養をオイルクリームを塗りこみました。ドイツのコロニルを使用しました。艶が増し、アンティーク色に輝いてきました。
img_0611
底とマチ
p1018838
ぜんばらし
img_2860
裏地のポケット完成

 

img_2864
裏地、ファスナー、革と縫製。針穴を拾って一つ一つ縫う。
img_2875
真鍮金具、ピカールで磨くとまた淡いアンティークの輝きが復活。
img_2878
ファスナーポケット新品
p1018848
3層のポケットもマチの裏地も全て交換

 

p1018849
ショルダーベルトと、丸カンとのジョイントの根革も新品に交換
p1018846
ショルダーベルト、根革、ファスナー、裏地総取り換え、完成


永く愛用してもらえて、作り手としても嬉しい限りです。ご褒美をもらったような気持ちが湧いてきます。

自分で作った商品だからこそ、最後まで責任を持って直す、永く使ってもらいたいから。

これから、まだまだ5年10年と活躍してもらえると嬉しい。

his-factory経年変化のお話

ミネルバボックス/パパベロの経年変化

新型B-4ブリーフ POLACCO(ポラッコ)発売開始

6月に入りました。梅雨の季節です。